新型コロナワクチン接種について(3年5月6日更新)


ページ番号1064081  更新日 令和3年5月6日


現在、コールセンター、予約専用サイトとも大変混み合っており、つながりにくくなっています。予約は土日祝日も受け付けます。つながらない場合は時間をあけてお試しください。希望する方全員が接種できるよう準備を進めています。確実に予約できますので、ご安心ください。
また、区役所の代表電話や窓口では予約をすることはできませんので、ご了承ください。

75歳以上の方の新型コロナワクチン接種の予約は、4月30日午前9時からインターネット予約・電話予約ともに開始しました。65歳〜74歳の方には5月6日にクーポン券を発送します(お手元に届くまで数日かかる予定です)。(年齢は令和4年3月31日時点)

接種は任意です。(ご本人が希望する場合に限り、接種を受けることができます。)
(注)新型コロナワクチン接種は、予防接種法の特例規定に基づく臨時接種ですが、接種を受ける法律上の義務はありません。

予約方法

予約には「ID(クーポン券に記載の接種券番号)」が必要です。

下記のいずれかの方法で予約してください。
2回目の予約は、1回目の接種の翌日午前9時以降に予約できるようになります。

インターネット予約

コロナワクチン接種予約専用サイト
予約には、ID(クーポン券に記載の接種券番号)・西暦の生年月日(初期パスワードとして使用。8桁 例:1932年10月1日生まれの場合は「19321001」)・任意のパスワード(英数どちらも含む10桁以上)・メールアドレス(予約確認メール受信用)が必要です。

【システム推奨環境】Windows・macOS:chrome、iOS:safari、Android:chrome
(注)Windows版 IE(インターネットエクスプローラ)、らくらくフォン、 LINEブラウザではご利用いただけません。

電話予約

杉並区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0570-666-542 受付時間:午前9時〜午後5時(土日祝日も受け付け)

(注)間違い電話が多くなっています。コールセンターの電話番号をよくお確かめのうえ、掛け間違いのないようにご注意ください。

予約の際に、ID(クーポン券に記載の接種券番号)・西暦の生年月日(8桁)をオペレーターに伝える必要があります。また接種日等をメモするための筆記用具もご用意ください。

接種場所

4月8日現在決定してる接種会場です。今後も接種会場を拡充するとともに、病院や診療所(医院・クリニック)でも接種を開始します。
また、医療機関や、介護老人福祉施設等に入院・入所している方は、当該医療機関・施設で接種できる場合があります。医療機関・施設へご相談ください。

5月17日から開設する接種会場
接種会場 住所等
桃井原っぱ公園【仮設会場】 杉並区桃井3丁目8番1号
阿佐谷ワクチン接種特設会場 杉並区阿佐谷南2丁目14番9号
旧若杉小学校体育館 杉並区天沼3丁目15番20号
立正佼成会法輪閣 杉並区和田2丁目8番36号(土日祝日も実施)
セシオン杉並 杉並区梅里1丁目22番32号(土日祝日も実施)

接種会場の地図などは以下のリンク先で確認できます。 

【注意】

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)に送付したお知らせです。

接種時の注意事項

新型コロナワクチンに関するお問い合わせは、コールセンターをご利用ください

杉並区新型コロナワクチン接種コールセンター(多言語に対応します。)
電話:0570-666-542
受付時間:午前9時〜午後5時(土日祝日を含む)
(注)ワクチン接種の電話予約と同番号のため、4月30日からしばらくの間つながりにくくなる可能性があります。また、間違い電話が多くなっています。コールセンターの電話番号をよくお確かめのうえ、掛け間違いのないようにご注意ください。

聴覚障害のあるかたは、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

クーポン券(接種券)送付時期と予約受付開始日時、接種開始日

重症化する割合がより高い傾向にある、75歳以上の方へ先行してクーポン券(接種券)を発送し、予約を受け付けます。クーポン券(接種券)が確実に届くよう、転居等をしている方は転送などの手続きを忘れずに行ってください。
(注)お手元に届くまで数日かかる予定です。

クーポン券(接種券)の発送・予約開始・接種開始のスケジュール
区分 クーポン券発送日 予約受付開始日時 接種開始日
75歳以上の方
(昭和22年4月1日以前に生まれた方)
4月23日 4月30日 午前9時 5月17日
65歳〜74歳の方
(昭和22年4月2日〜32年4月1日に生まれた方)
5月6日 封筒が届き次第 5月17日

65歳未満の方
(昭和32年4月1日以降に生まれた方)

未定 未定 未定
[画像]画像1(57.4KB) [画像]画像2(28.0KB)

クーポン券(接種券)や予診票を無くした場合

接種券再発行申請書を、杉並保健所保健予防課新型コロナウイルス予防接種担当(〒167-0051 杉並区荻窪5丁目20番1号)へ郵送、またはお近くの保健センターにお越しください。郵送の場合、被接種者の本人確認書類のコピーを同封してください。申請者と被接種者が同一でない場合は、申請者の本人確認書類のコピーも同封してください。

住所地外での接種

原則、住民票所在地の市区町村において接種を行うこととしています。ただし、やむを得ない事情で住民票所在地で接種を受けることが難しい場合、接種を行う市区町村に事前に届け出を行うことで、接種を受けることができます。
申請書「住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)」と、住民登録地で発行されたクーポン券(接種券)のコピー、84円切手を貼った返信用封筒を同封して、杉並保健所保健予防課新型コロナウイルス予防接種担当(〒167-0051 杉並区荻窪5丁目20番1号)へ郵送してください。

副反応が起きた場合

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、起こることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、健康被害救済の給付額は、定期接種のA類疾病と同じ水準です。

現在の救済制度の内容については、以下のリンク先をご参照ください。

副反応に備えた杉並区の体制

杉並区ではワクチン接種後の副反応に対応する集団接種会場の体制を、以下のとおり整備しています。

東京都新型コロナワクチン副反応相談センター 電話:03-6258-5802(24時間・年中無休)
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター 電話:0120-761-770(午前9時〜午後9時・土日祝含む)

ワクチン接種の概要

1.接種対象者

接種を希望する満16歳以上の杉並区民が対象ですが、ワクチンが徐々に供給されるため段階的に接種を開始する予定です。

2.優先順位及び実施期間

3月19日付けで国から「基礎疾患を有する者の範囲について」の通知がありました。それに伴い基礎疾患の範囲を新たに追加しました。
4月12日の週に国から供給される2箱(約2,000回分)のワクチンについては、4月19日の週から特別養護老人ホーム南陽園等で先行して接種します。

接種の順番と実施期間
区分(優先順位順) 条件等 実施期間(一部予定)
(1)医療従事者 新型コロナウイルス感染症患者(新型コロナウイルス感染症疑い患者を含む。以下同じ。)に直接医療を提供する施設の医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者の搬送に携わる救急隊員等及び患者と接する業務を行う保健所職員等を含む。)
(注)疑い患者には、新型コロナウイルス感染症患者であることを積極的に疑う場合だけでなく、発熱・呼吸器症状などを有し新型コロナウイルス感染症患者かどうか分からない患者を含みます。
実施中
(2)高齢者(65歳以上の方) 昭和32年4月1日以前に生まれた方
(注)ワクチンの供給量・時期等によっては、年齢により接種時期を、細分化する可能性があります。
5月17日から
(3)高齢者以外で基礎疾患がある方
  1. 以下の病気や状態の方で、通院・入院している方
    • 慢性の呼吸器の病気
    • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    • 慢性の腎臓病
    • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
    • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
    • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
    • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    • 染色体異常
    • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    • 睡眠時無呼吸症候群
    • 重度の精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)
  2. 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
    (注)BMIとは、体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った値です。計算式:体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)
国からの通知があり次第、お知らせします。
(3)高齢者施設等で従事している方 高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障害者施設・救護施設等。)において、利用者に直接接する職員。 国からの通知があり次第、お知らせします。
(3)60歳から64歳までの方 昭和32年4月2日から37年4月1日までに生まれた方
(注)ワクチンの供給量によっては、基礎疾患がある方と同じ時期に接種を行う可能性があります。
国からの通知があり次第、お知らせします。

(6)上記以外の方

ワクチン の供給量等を踏まえ、順次接種。ワクチンの供給量・時期等によっては、年齢により接種時期を、細分化する可能性があります。 国からの通知があり次第、お知らせします。

[新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(2.2版)](厚生労働省)参照

3.接種費用

無料です。(全額公費負担)

【注意】新型コロナワクチンに便乗した詐欺行為等にご注意ください。
行政機関等が新型コロナワクチン接種に関して現金を要求することはありません。
不安に思った時や困った場合は警察署や国民生活センターにご相談ください。
・新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン:0120-797-188
・警察相談専用電話:♯9110
・杉並警察署 電話:03-3314-0110
 高井戸警察署 電話:03-3332-0110
 荻窪警察署 電話:03-3397-0110

4.接種回数と接種の間隔

同じ種類のワクチンを2回接種します。
ファイザー社のワクチンでは、通常1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

国からの最新情報

最新情報や詳細は、厚生労働省ホームページや首相官邸ホームページをご覧ください。

接種全般のお問い合わせは、厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターへお問い合わせください。
電話:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間(土日祝日を含む)
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:午前9時〜午後9時
タイ語:午前9時〜午後6時
ベトナム語:午前10時〜午後7時

コロナワクチン接種の予約開始に伴うサーバーの負荷を軽減するため、ヤフー株式会社の協力によるキャッシュサイト(コピーサイト)をお試しください。区のページと同じ情報を閲覧することができます。


関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


杉並区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0570-666-542


[0] 杉並区公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City Suginami . All rights reserved.