乳幼児接種(6か月以上4歳以下)


ページ番号1077914  更新日 令和6年2月7日


無料でのコロナワクチン接種(特例臨時接種)は令和6年3月31日で終了します。
併せて、区のコロナワクチン接種コールセンターは令和6年3月29日午後5時、コロナワクチン接種予約専用サイトは令和6年3月31日午後5時でサービスを終了します。
接種をご希望の方は、期間内に余裕を持って受けてください。

厚生労働省からの通知は、以下リンク先をご確認ください。

【注意】
令和6年1月15日以降、乳幼児の初回接種は、モデルナ社製ワクチンを使用します。

ファイザー社製ワクチンでの【初回(1.2.3回目)接種】は、接種完了まで11週間が必要となり、令和6年3月31日までの無料のワクチン接種期間中に接種が完了しないためです。ファイザー社製ワクチンでの初回接種を希望される方は、個別に医療機関にご相談ください。

概要

対象者

生後6か月〜4歳以下の方
(6か月になる日の前日から、5歳の誕生日の前々日まで接種できます)

(注)

接種するワクチン
ファイザー社製及びモデルナ社製XBB.1.5対応1価ワクチン
接種間隔

接種当日に必要な物
(持参物)

接種する部位
大腿前外側部または三角筋中央部に接種します。1歳未満の場合、大腿前外側部に接種します。詳細は以下リンク先をご確認ください。
当日は接種する部位が出しやすい服装で来場してください。

乳幼児接種(生後6か月以上4歳以下)のメリット・デメリットについて

メリット

新型コロナワクチンを受けることで、新型コロナに感染しても症状が出にくくなります。
オミクロン株流行期において、生後6か月から4歳における3回目接種後7日以降の発症予防効果は73.2%と報告されています。

デメリット

国内では乳幼児接種は始まったばかりであり、副反応などの安全性データは限られています。下記のような症状が出る場合があります。

接種にあたって注意が必要となるお子さん

下記に当てはまるお子さんは、本ワクチンの接種について注意が必要です。
該当すると思われる場合は、事前にかかりつけ医にご相談ください。また、必ず接種前の診察時に医師へ伝えてください。

1.抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または凝固障害のある方
2.過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
3.心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
4.過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方
5.過去にけいれんを起こしたことがある方
6.本ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方
7.腎機能障害のある方
8.肝機能障害のある方

接種券発送について

令和5年9月1日以降、乳幼児接種(生後6か月歳以上4歳以下)の接種券は自動発送されません。
接種券をご希望の方は、接種券の発行申請をしてください。

接種券発行申請等の手続きについては、リンク先に掲載しています。 

予約方法

予約方法の詳細は下記リンク先をご確認ください。
(注)誤った接種を防止するため、区の予約専用サイトでは新たに生後6か月を迎える前々日の正午から予約受付が可能になります。

接種場所

ワクチン接種が受けられる医療機関

区内の医療機関(診療所・クリニック)で接種が受けられます。
予約方法は、予約専用サイト・ワクチン接種コールセンターで行う場合と、医療機関に直接予約する場合があります。
新型コロナワクチン個別接種医療機関一覧は、以下のリンク先でご確認ください。

都の大規模接種会場

令和5年9月20日以降、都庁北展望台および三楽病院でも乳幼児接種が受けられます。
詳細は以下リンク先をご確認ください。

関連情報


関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


杉並区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0120-023-015(フリーダイヤル)


[0] 杉並区公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City Suginami . All rights reserved.