被災建築物応急危険度判定員募集のご案内(元年9月1日)


ページ番号1054963  更新日 令和1年9月1日


応急危険度判定は、余震等による建築物の倒壊などに伴う二次災害を防止するため、地震発生後できるだけ早く、かつ短時間で建築物の被災状況を調査し、その建築物の当面の使用の可否を判定するものです。

下記のとおり、被災建築物応急危険度判定員募集の講習会が開催されますのでご案内します。

日時

第1回:令和元年9月27日(金曜日)午後1時〜午後4時30分(受付 正午〜)
第2回:令和元年10月30日(水曜日)午後1時〜午後4時30分(受付 正午〜)

場所

第1回:国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール
第2回:国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
(渋谷区代々木神園町3-1)

内容
  1. 事務局について
  2. 東京都の震災対策について
  3. 応急危険度判定制度について
  4. 応急危険度判定活動の事例について
  5. 応急危険度判定技術について
対象
1級・2級・木造建築士の資格を有する方で、東京都内在住・在勤の方
定員
第1回:350名、第2回:750名
参加費
無料
申し込み

必要書類等詳細は、関連情報の東京建築士会ホームページよりご確認ください(関連情報にリンクがあります)。

問い合わせ

関連情報


このページの掲載内容については、上記の連絡先にお問い合わせください。

杉並区役所
〒166-8570
東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)


[
0] 杉並区公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City Suginami . All rights reserved.