すぎなみほっと情報局30年6月


ページ番号1042214  更新日 平成30年6月29日


吾妻の朝市が開催されました(6月29日掲載)

[画像]写真:吾妻の朝市で販売された新鮮な野菜(47.0KB)

29日、区役所では物産展「吾妻の朝市」が開催されました。朝市では区の交流自治体である群馬県東吾妻町で採れたジャガイモやキャベツ、大根などが販売され、梅雨明けの晴天の下、多くの買い物客でにぎわいました。

南伊豆物産展コラボ企画 朝採り野菜と草花の直売が開催されました(6月25日掲載)

25日、区役所中杉通り側の入り口前で、南伊豆の物産展と、杉並・中野産の朝採り野菜と草花の直売が同時に行われました。物産展では、伊勢海老味噌汁の試食サービスや、1階コミュかるショップ前でキンメダイの干物やわかめ等の乾物が販売されました。野菜と草花の直売では、新鮮なトマトやピーマン、ブルーベリーの鉢植え等が並び、生産者に質問しながら買い物を楽しむ人の姿も見られ、会場は大いににぎわっていました。

[画像]写真:伊勢海老の味噌汁を受け取る来場者(43.9KB) [画像]写真:ブルーベリーの鉢植えを見る来場者(50.5KB)

南相馬市物産展が開催されました(6月21日掲載)

[画像]写真:南相馬市物産展の様子(49.2KB)

21日、区役所では、南相馬市物産展が開催されました。物産展では、あん肝の味噌漬けや三陸わかめなど特産品の販売のほか、南相馬市採れたてのトマトの試食も行われ、多くの買い物客でにぎわいました。

杉並区振り込め詐欺被害ゼロダイヤル設置(6月19日掲載)

[画像]写真:担当者への説明会(78.5KB)

19日、区役所では男性管理職100名ほどが、振り込め詐欺の現状や相談の対応方法などの説明を受けました。この説明会を受けて6月25日午前9時から「杉並区振り込め詐欺被害ゼロダイヤル 03-5307-0800」がスタートします。

「武者絵展」が開催されています(6月19日掲載)

[画像]写真:武者絵展を楽しむ来場者の様子(45.4KB)

19日、区役所では、伝統行事「相馬野馬追」を題材にした「武者絵展」が開催されています。この展示は、東日本大震災で多大な被害を受けた南相馬市への応援企画として開催されており、総勢100人もの漫画家やイラストレーター、アニメーターが作品を出展しています。会場にはさまざまな作風の武者のイラストが展示され、同展示と共催で行われている「野馬追写真展」と共に相馬野馬追を大きく盛り上げています。展示は22日までです。

「野馬追写真展」が開催されています(6月19日掲載)

19日、区役所では、区の交流自治体である福島県南相馬市で行われる「相馬野馬追」の写真展が開催されています。国の重要無形民俗文化財である「相馬野馬追」は、一千有余年の歴史を誇る日本を代表する伝統文化行事であり、『世界一の馬の祭典』ともいわれています。またこの写真展に併せ、子どもたちが段ボールを用いて作った「レインボーホース」が飾られ、会場を鮮やかに彩りました。展示は22日までです。

[画像]写真:写真展を楽しむ来場者の様子(45.0KB) [画像]写真:子どもたちが作ったレインボーホース(40.1KB)

あじさいコンサートが開催されました(6月18日掲載)

[画像]写真:弦楽四重奏による演奏の様子(51.4KB)

18日、区役所では日本フィルハーモニー交響楽団による「あじさいコンサート」が開催されました。コンサートでは、日本フィルハーモニー交響楽団の弦楽四重奏による演奏が行われ、100人を超える来場者は美しい音色に耳を傾けていました。

即売会が開催されました(6月18日掲載)

[画像]写真:即売会に並ぶ草花(58.4KB)

18日、区役所では、朝採り野菜と草花の即売会が開催されました。会場では、杉並産の新鮮なトマトやジャガイモのほか、ベゴニアなどの色とりどりな草花が販売されました。

女子美で「世界のバリアフリー児童図書展」が開催中です(6月15日掲載)

15日、女子美術大学で「世界のバリアフリー児童図書展」が始まりました。今回は、仕掛けのある点字つき絵本や、障害を理解するための児童書など、世界中から選定されて集まった本のほかに、美大生が制作した絵本が並んでいます。展示空間は「熱帯雨林」をテーマとして、多くの生物が自由に暮らす熱帯雨林のように、障害の有無や年齢、性別など関係なく、誰でも気軽に楽しめる展示となっています。世界のバリアフリー児童図書展は、27日まで開催しています。

[画像]写真:バリアフリー児童図書展の作品(54.0KB) [画像]写真:バリアフリー児童図書展の様子(55.0KB)

善福寺川にカルガモの赤ちゃん(6月14日掲載)

[画像]写真:カルガモの親子(41.2KB)

12日、関根文化公園(上荻4丁目)近くの善福寺川で、カルガモの親子が泳いでる姿が見られました。6羽のカルガモの赤ちゃんが、雨にも負けずに親鳥に懸命についてゆく姿はとても微笑ましく、足を止めて観察している人もいました。この時期しか見られない愛らしい姿を見に、善福寺川を散歩してみてはいかがでしょうか。

環境展が開催されています(6月11日掲載)

[画像]写真:ハクビシンなどのはく製と注意喚起パネル(51.5KB)

11日、区役所1階ロビーで「環境」をテーマにした展示が行われています。この展示は6月の環境月間に合わせ開催されており、会場ではごみの分別などに関するパネル展示やハクビシンなどのはく製が用意されたほか、省エネに関する相談窓口が設置されました。環境展は15日金曜日までです。

「小千谷ふるさと市場」が開催されました(6月11日掲載)

[画像]写真:にぎわう物産展の様子(53.4KB)

11日、区役所では「小千谷ふるさと市場」が開催されました。会場では、小千谷名物の笹団子や魚沼産コシヒカリ米のほか、米菓などの米どころ新潟の特産品を多数販売しており、あいにくの雨にも関わらず、多くの買い物客が足を運びました。

名寄市長がアスパラをPR(6月7日掲載)

7日、杉並区役所では毎年恒例の「なよろアスパラまつり」に名寄市の加藤剛士市長が登場。のはら保育園の園児18名に、名寄市特産品のひまわりをプレゼントするセレモニーが行われ、園児らの顔に笑顔の花が咲きました。その後、加藤市長と杉並区の田中区長が店頭に立ち、名寄市特産品のアスパラのPRを行いました。まつりは明日までで、同時に区役所1階ロビーで、名寄市の風景写真の展示もお楽しみいただけます。

[画像]写真:集合写真(38.6KB)[画像]写真:加藤市長と田中区長(29.7KB)[画像]写真:写真展(29.5KB)

名寄のアスパラが人気です(6月6日掲載)

[画像]写真:アスパラまつりでの行列(49.4KB)

6日、区役所で、区の交流自治体である北海道名寄市の特産品であるアスパラなどを販売する「なよろアスパラまつり」が開催されています。会場では、新鮮で大きいグリーンアスパラが販売され、行列ができるほどの人気でした。アスパラまつりは8日までです。

園児がヒマワリの種まきをしました!(6月1日掲載)

[画像]写真:種まきを行う園児たち(48.5KB)

1日、区立井草森公園内にある花壇で、近隣の保育園や幼稚園に通う約200人の園児が、ヒマワリの種まきを行いました。まいたヒマワリの種は、区の交流自治体である北海道名寄市から届けられたもので、7月下旬ごろから咲き始め、8月上旬に見頃を迎えます。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


総務部広報課報道係
〒166-8570
東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)


[0] 杉並区公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City Suginami . All rights reserved.