すぎなみほっと情報局29年12月


ページ番号1038099  更新日 平成29年12月27日


お正月を迎える準備ができました(12月27日掲載)

[画像]写真:しめ飾りと門松で飾られた長屋門(40.9KB)

郷土博物館の入り口にある「旧井口家住宅長屋門」にしめ飾りと門松が飾られ、正月を迎える準備が整いました。1月は獅子舞や小正月など、正月にちなんだ、さまざまな年中行事が郷土博物館で開催され、杉並の昔ながらの文化を体験し学ぶことができます。

名寄通信(名寄編):自然体験交流事業は中止となりました(12月26日掲載)

[画像]出発間近のこどもたち(38.0KB)

杉並区では、次世代育成基金を活用して、子どもや若者が未来に夢や希望を持ち、その実現に向けた挑戦ができるよう支援しています。その事業の1つとして、26日から28日に予定されていたのが、「小学生名寄自然体験交流事業」です。

26日、杉並区の子供たちが元気に出発しましたが、旭川空港が雪のため、残念ながら羽田空港に引き返すこととなりました。

歳末朝採り野菜と草花の即売会が行われました(12月26日掲載)

26日、区役所中杉通り側入口前にて今年最後の朝採り野菜と草花の即売会が行われました。三浦大根や里芋、キウイやレモンなどたくさんの野菜と果物が並びました。また、色とりどりのパンジーや、葉牡丹、シクラメンなどの草花が販売され、多くの買い物客でにぎわいました。

[画像]即売会で野菜を買う様子(71.4KB)[画像]花を選ぶ子供たちの様子(74.3KB)

名寄市の田舎もちが人気です(12月22日掲載)

区役所1階にあるコミュかるショップでは、北海道名寄市の「田舎もち」を販売しています。名寄市は、杉並区の交流自治体で、特に旧風連町は「はくちょうもち」というもち米のブランドで有名です。そのもち米を使った「切りもち・丸もち」は、なめらかで柔らかいと評判です。販売は28日までで、売り切れ次第終了となりますので、お早めにお買い求めください。

[画像]写真:コミュかるの様子(57.3KB)[画像]写真:田舎もち(58.1KB)

吾妻の朝市が開催されました(12月21日掲載)

[画像]写真:来場者でにぎわう朝市(43.9KB)

21日、区役所では交流自治体である群馬県東吾妻町の朝市が開催されました。新鮮な長ネギや白菜、ほうれんそうなどの野菜のほか、卵なども販売され、たくさんの買い物客で賑わいました。

雪国新潟のおいしいもの大集合(12月19日掲載)

[画像]写真:物産展の様子(43.1KB)

19日、区役所では、交流自治体の新潟県小千谷市の特産品を販売する「小千谷ふるさと市場」が開催されました。物産展では、新潟の特産品の餅やスイーツ、日本酒などが人気で、多くの買い物客で賑わいました。

クリスマスコンサートを開催(12月19日掲載)

[画像]写真:ロビーコンサートの様子(46.2KB)

19日、区役所では、区と友好提携を結んでいる日本フィルハーモニー交響楽団金管五重奏団によるロビーコンサートが行われ、約200人の来場者がトランペットやトロンボーンが奏でる美しい音色に熱心に聴き入り、クリスマスの雰囲気を楽しんでいました。

朝採り野菜と草花の即売会が行われました(12月14日掲載)

14日、区役所中杉通り側入口前にて朝採り野菜と草花の即売会が行われました。青首大根や三浦大根、黒大根などさまざまな種類の大根やネギなどたくさんの冬野菜が並びました。また草花は鮮やかなパンジーやビオラなどが販売され、多くの買い物客でにぎわいました。


[画像]野菜販売の様子(59.0KB)[画像]草花販売の様子(63.8KB)

南伊豆町の物産展が開催されました(12月11日掲載)

[画像]南伊豆町物産展の様子(42.4KB)

11日、区役所では交流自治体である静岡県南伊豆町の物産展が開催されました。アジや金目鯛の干物や乾物など海産品のほか、伊勢海老せんべいなどの名産品も販売され、たくさんの来場者で賑わいました。さらに、午前11時からは伊勢海老の味噌汁(先着200名)が無料で振る舞われ、開始1時間後には売り切れてしまうほどの大盛況でした。

すぎなみ安全・安心セッションを開催しました(12月11日掲載)

[画像]写真:すぎなみ安全・安心セッション会場の様子(52.2KB)

9日、中・高校生を対象に「すぎなみ安全・安心セッション」をゆう杉並で開催しました。この日は、ももいろクローバーZの玉井詩織さんを1日安全・安心アンバサダーにお迎えし、安全を伝える授業やディスカッション、クイズなどを通じて犯罪の手口と犯罪に巻き込まれないための対策を学びました。
 なお、このイベントの模様は、1月1日から杉並区公式チャンネルで配信予定です。
 

『ARUHI presents(アルヒ プレゼンツ) 本当に住みやすい街大賞 2017』に南阿佐ヶ谷が選ばれました(12月6日掲載)

6日、国内最大手の住宅ローン専門金融機関「アルヒ株式会社」が主催する、『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2017』が開催され、杉並区の南阿佐ヶ谷が大賞に選ばれました。


[画像]写真:小倉さんにトロフィーを渡される様子(64.1KB)[画像]写真:授賞式の様子(67.6KB)

平和ポスター作品展と人権パネル展が開催中です(12月5日掲載)

5日、区役所2階区民ギャラリーにて、「平和のためのポスターコンクール入賞作品展」が開催されています。区内在住・在学の小中学生が、「手を取り合おう」「平和ならこの海も青いまま」など平和に対する思いを描いた入賞作品30点ほどが展示されています。作品展は、12月15日まで開催しています。
また、区役所1階ロビーでは、人権週間にともなって「人権パネル展」が開催されています。いじめや、テレビで見るニュースを題材に書いた小中学生の人権作文などが展示されているパネル展は、12月8日まで開催しています。


[画像]写真:平和ポスター作品展の様子(46.5KB)[画像]写真:人権パネル展の様子(61.3KB)

巨大クリスマスツリーが点灯(12月4日掲載)

[画像]写真:大きなクリスマスツリー(64.9KB)

4日、阿佐ケ谷駅南口広場のアケボノスギに施された電球に灯りが灯されました。高さ32.5メートルのクリスマスツリーは都内一の高さです。今年で25周年を迎える「阿佐谷イルミネーション」は、本日から1月31日まで開催されます。

交流自治体南相馬市を「武者絵展」で支援(12月4日掲載)

[画像]写真:武者絵展開催中(31.3KB)

4日、阿佐谷アニメストリートでは、東日本大震災とその後の福島第一原子力発電所の事故で大きな被害を受けた南相馬市の応援企画として、伝統行事「相馬野馬追」を題材にした武者絵展が開催されています。武者絵は、漫画家やアニメーターなど100人以上が描いたもので、12月12日まで開催されます。入場料は200円で、南相馬市への復興支援に役立てられます。

障害者のつくる品物フェア開催(12月1日掲載)

[画像]写真:品物を受け渡す様子(37.0KB)

1日、区役所ロビーにて、区内の障害者施設でつくるネットワーク「すぎなみ仕事ねっと」による「障害者のつくる品物フェア」が開催されました。クリスマスの飾りや来年のカレンダーなど季節を感じる商品が並び、多くの買い物客でにぎわいました。このフェアは12月4日、月曜日にも行われます。(午前11時から午後3時まで)


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


総務部広報課
〒166-8570
東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)


[0] 杉並区公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City Suginami . All rights reserved.