すぎなみほっと情報局29年7月


ページ番号1034198  更新日 平成29年7月31日


七夕うまを作りました(7月31日掲載)

[画像]写真:七夕うま作り(42.5KB)

31日、産業商工会館では、地域の小学生が参加して昔ながらのわらを使った七夕うまづくりが行われました。この企画は、阿佐谷七夕まつりの関連行事「BATAART」の取り組みとして行われたものです。

杉並産野菜と草花の即売会が行われました(7月31日掲載)

[画像]写真:杉並産農産即売会(42.5KB)

31日、区内で採れた新鮮な野菜と草花の即売会が行われました。会場にはキュウリやトマトなど色鮮やかな夏野菜とベゴニアやブルーベリーなどの苗が並び、多くの買い物客でにぎわいました。

名寄通信(名寄編):元気に出発しました!(7月28日掲載)

[画像]写真:手荷物検査を終えた子どもたち(39.9KB)

杉並区では、次世代育成基金を活用して、子どもや若者が未来に夢や希望を持ち、その実現に向けた挑戦ができるよう支援しています。その事業の1つとして、28日から31日の日程で行われるのが、「杉並区・名寄市子ども交流会」です。杉並区と名寄市の子どもたちがさまざまな交流を行います。名寄通信では、その様子を随時報告します。
28日、杉並区の子どもたちが、旭川空港に向けて羽田空港を出発しました。

吾妻の朝市が開催されました!(7月27日掲載)

[画像]写真:吾妻の朝市(52.5KB)

27日、区役所玄関前にて、吾妻の朝市が開かれました。区の交流自治体である群馬県東吾妻町のキュウリやトマト、キャベツなどの新鮮野菜や漬物やはちみつなどの加工品も販売され、多くの買い物客で賑わいました。

JA東京中央が子ども食堂を応援(7月26日掲載)

[画像]写真:子ども食堂を応援(47.6KB)

26日、JA東京中央による、区内の7つの子ども食堂への食材提供の事業が始まりました。この事業は、区内で運営されている子ども食堂を応援しようとするもので、それぞれの子ども食堂の開催日に合わせて、杉並産の新鮮野菜を提供するものです。

障害者のつくる品物フェア開催(7月26日掲載)

[画像]写真:障碍者のつくる品物フェア(55.7KB)

26日、区役所で、区内の障害者施設でつくるネットワーク「すぎなみ仕事ねっと」による「障害者のつくる品物フェア」が開催されました。手づくりのアクセサリーやエコバックなどが販売され、多くの買い物客でにぎわいました。

南伊豆の特養入所の受付を開始(7月24日掲載)

[画像]写真:南伊豆特養の受付開始(46.3KB)

24日、区役所では、全国初となる自治体間連携による特別養護老人ホーム(仮称)エクレシア南伊豆の入所受付の臨時窓口が開設されました。この施設は、平成30年3月の開設で、7月24日から28日まで、臨時窓口を開設し入所希望者に対応していきます。

区長が待機児童対策を報告(7月24日掲載)

[画像]写真:待機児童対策を報告(28.5KB)

22日、区長が区内の保育所に入所を希望する保護者の集まりである「保育園ふやし隊@杉並」のメンバー7名を区役所に招き、昨年4月からおよそ1年に渡って取り組んだ待機児童対策の成果や今後の見込みなどを報告しました。

すぎなみの特養を話し合いました(7月24日掲載)

[画像]写真:すぎなミーティング(35.9KB)

22日、区役所では、区長と50歳から75歳の区民10人が参加し、「すぎなミーティング」が開催されました。『すぎなみの介護:特別養護老人ホームという選択』をテーマに話し合いが行われました。

久我山イーグルスが全国大会出場を報告(7月20日掲載)

[画像]写真:久我山イーグルス(43.2KB)

20日、久我山イーグルスのメンバーが区役所を訪問し、8月10日から開催される「高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」への出場を田中区長に報告しました。

ビブリオバトル特別賞受賞を報告(7月20日掲載)

[画像]写真:特別賞受賞を報告(43.0KB)

20日、「Meiji Book Avenue」のメンバーが区役所を訪問し、これまでの活動の報告と若者の図書館ばなれに歯止めをかける取り組みを区立図書館と連携して行っていくことを確認しました。

ひまわりフェスタが開催されました(7月19日掲載)

[画像]写真:イベントを楽しむ親子(65.5KB)

17日、セシオン杉並で社会を明るくする運動推進イベント「SUGINAMIひまわりフェスタ」が開催されました。社会を明るくする運動とは、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、犯罪のない地域社会を目指す全国的な運動です。当日は親子連れなど約1,000にもの人が会場を訪れ、さまざまな催しを楽しんでいました。

青梅市物産展が開催されました(7月18日掲載)

[画像]写真:青梅市物産展(35.9KB)

18日、区役所で、区の交流自治体である青梅市の物産展が開催されました。会場では名物の青梅せんべいやよもぎ大福などの和菓子のほか、トウモロコシやタマネギなどの新鮮な野菜も販売され、たくさんの人で賑わっていました。

犯罪も事故もゼロを目指して(7月16日掲載)

[画像]写真:ゼロ杉並(55.9KB)

16日、区役所では、安全で暮らしやすいまちを築くための啓発イベントとして、『犯罪も事故も「ゼロ杉並」2017』を開催しました。このイベントには、杉並区を舞台にしたドラマの出演者の小泉孝太郎さんや松下由樹さんなど豪華ゲストも参加しました。

東京立正吹奏楽団が一役(7月16日掲載)

[画像]写真:パレードを先導(50.2KB)

16日、区役所から阿佐ケ谷駅まで、『犯罪も事故も「ゼロ杉並」2017』の第二部としてパレードが行われ、防犯団体のメンバーなど300名ほどが参加。東京立正中学高校吹奏楽団がパレードを先導しました。

南伊豆の特養説明会開催(7月15日掲載)

[画像]写真:南伊豆特養説明会(46.0KB)

15日、区役所では、全国初となる自治体間連携による特別養護老人ホーム(仮称)エクレシア南伊豆の入所申込説明会が開催され、多くの区民が来場し熱心に耳を傾けていました。(仮称)エクレシア南伊豆は、平成30年3月の開設で、7月24日から入居の申し込みが始まります。

南伊豆フェアがにぎわいました(7月15日掲載)

[画像]写真:南伊豆フェア(50.3KB)

15日、区役所では、交流自治体の南伊豆町の魅力を多くの方々に知ってもらうため、南伊豆観光スポットの紹介や特産品の販売、そして南伊豆へのお試し移住や(仮称)エクレシア南伊豆の入所申込説明会が開催され、多くの区民でにぎわいました。

昆虫展が始まりました(7月15日掲載)

[画像]写真:郷土博物館の昆虫展(31.4KB)

15日、郷土博物館では、世界各地の170種あまりの昆虫標本を紹介する昆虫展が始まり、多くの子どもたちが巨大なカブトムシや輝く蝶に歓声を上げていました。この昆虫展は9月3日まで開催されます。

まちかどNOWを収録(7月10日掲載)

[画像]写真:大宮八幡宮でロケ(53.3KB)

10日、大宮八幡宮では、区広報番組「すぎなみニュースまちかどNOW]の収録が行われました。収録には、MCの竹田茂生さんが登場し、大宮八幡宮が平安の七夕飾りや中学生の願い事などをレポートしました。番組は、16日から放映予定です。

区役所ロビーサマーコンサートが行われました!(7月10日掲載)

[画像]ロビーコンサートの様子(34.6KB)

10日、区役所のロビーで日本フィルハーモニー交響楽団による演奏が行われました。子供からお年寄りまで多くの人が聞き入り、1曲終わるごとに多くの拍手が生まれました。

小千谷市の物産展が開催されました!(7月10日掲載)

[画像]物産展にきている買い物客(33.4KB)

10日、区役所入り口前で、小千谷市の物産展が行われました。多くの人でにぎわい、さまざまな食べ物をみたり買ったりしていました。地元の人のおすすめは、新潟県の特産物の米や笹団子だそうです。

地場地産 農産物の直売(7月7日掲載)

[画像]直売をしている様子(37.4KB)

7日、杉並区役所前で、杉並の農産物の直売が行われました。朝とれた新鮮な夏野菜がたくさん並び、多くの人で賑わいました。

救命救急に感謝状(7月6日掲載)

[画像]写真:消防総監感謝状(46.1KB)

6日、妙正寺体育館に荻窪消防署の署長が訪れ、テニス中に意識を失った男性の命を救った同館の職員2名に、消防総監感謝状が手渡されました。

平安の七夕飾りを再現(7月3日掲載)

[画像]写真:平安の七夕を再現(60.2KB)

3日、大宮八幡宮では、平安時代の七夕飾り「乞巧奠」飾りが再現され、多くの来場者でにぎわっています。この催しは、今回が19回目。失われつつあるこうした伝統行事を絶やさずに、大切にしていきたいと毎年行われています。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


総務部広報課報道係
〒166-8570
東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)


[0] 杉並区公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City Suginami . All rights reserved.