すぎなみほっと情報局 28年4月


ページ番号1022473  更新日 平成28年5月12日


荻外荘の歴史を紹介(4月28日掲載)

[画像]写真:特別展の様子(32.7KB)

28日、郷土博物館では、4月29日から5月29日までの1カ月間で開催される特別展『「荻外荘」と近衞文麿』の関係者や報道機関を招いて、内覧会が開かれました。

区内各地にこいのぼり(4月26日掲載)

[画像]写真:鯉のぼりの川渡し(37.7KB)

26日、区内各地では子どもたちの成長を願って、妙正寺川の落合橋付近には、大小30あまりのこいのぼりが設置されています。また、堀ノ内一・二丁目町会が毎年開催している「善福寺川鯉のぼりの川渡し」にも、60あまりのこいのぼりが設置され、地域の人を楽しませています。

こいのぼりで交流(4月26日掲載)

[画像]写真:こいのぼりで交流(43.0KB)

26日、井草2丁目の高齢者デイサービス施設「八成ふれあいの家」では、子どもの日にちなんだ交流会が開催されました。イベントは、隣接する「ひととき保育八成」の利用者親子15組が高齢者施設を訪問して行われ、こいのぼりの歌を一緒に歌うなど楽しい時間を過ごしました。

野草展が人気です(4月22日掲載)

[画像]写真:野草展の様子(42.5KB)

22日、大田黒公園では、毎年恒例となった野草展が始まりました。この野草は、杉並野草の会のメンバーが丹精込めて育てたもので、350鉢ほどが並んでいます。展示会は24日までで、野草の種の配布も行われています。

宗教者懇話会の皆さまから義援金をいただきました(4月20日掲載)

[画像]写真:宗教者懇話会の皆さんと田中区長(31.1KB)

18日、杉並区宗教者懇話会(区内48の宗教団体が参加)の皆さまから多大な義援金をいただきました。この義援金は、3月14日に同団体が被災地支援のために行った募金活動によるもので、福島県南相馬市へ贈られます。宗教者懇話会の皆さんは東日本大震災以降、毎年この時期に義援金の募金活動を行っています。

西武新宿線の立体化の早期実現を都に要請(4月19日掲載)

[画像]写真:要請行動(67.4KB)

19日、杉並区長や下井草・井荻・上井草の各駅周辺地区まちづくり協議会の会長、関係区議など10名が都庁を訪ね、西武新宿線の連続立体交差事業の早期事業化を安藤副知事に要請しました。

熊本地震の被災地支援(4月19日掲載)

[画像]写真:熊本へ物資送付(72.4KB)

19日、大きな地震と余震に見舞われている熊本市に対し、2トン貨物車2台と区防災課職員が運転するワゴン車に、飲料水やアルファ米などの救援物資を積載し出発しました。

熊本県東京事務所に、見舞金を届けました(4月19日掲載)

[画像]写真:見舞金をお届けしました(30.9KB)

19日、杉並区は、地震により甚大な被害を受けた熊本県を支援するため熊本県東京事務所に、見舞金100万円を届けました。

どうぶつかるた展開催(4月19日掲載)

[画像]写真:どうぶつかるた展(66.5KB)

19日、区役所では杉並どうぶつ相談員がペットの習性や飼育の知識を広げることを目的に作った読み札に、区民が絵を描いた杉並オリジナルの「どうぶつかるた」が展示され、来庁者が熱心に鑑賞していました。展示は28日まで。

待機児童対策で区長が懇談(4月14日掲載)

[画像]写真:待機児童対策を要望(31.6KB)

14日、「保育園ふやし隊@杉並」のメンバー7名と田中良区長が待機児童の解消に向けて懇談を行いました。この懇談は、グループの保育施策拡充の要望書の提出に続いて行われたもので、今後の待機児童ゼロにむけた取り組みを共に協力して進めていくことが確認されました。

防災無線デジタル電光表示局を開設(4月14日掲載)

[画像]写真:桃井原っぱ公園(11.1KB)

桃井原っぱ公園に防災無線の内容を表示できる「防災無線デジタル電光表示局」を設置しました。桃井原っぱ公園は、広域避難場所に指定されており、災害時に避難者に対し、文字で一斉に情報を伝達できるようになりました。また、公園利用者などに対し、光化学スモッグ注意報等の注意喚起情報を表示することにより、健康被害を軽減できる効果も期待されています。

農を学ぶ公園開園(4月11日掲載)

[画像]写真:開園式の様子(29.9KB)

9日、成田西3丁目に区立成田西ふれあい農業公園が開園しました。この公園は、農に対する理解と知識を学ぶ場として、来園者が気軽に「見る・ふれる・楽しむ」機会を提供するものです。開園当日は、200人ほどが菜の花とオカノリの摘み取りを体験しました。

区内各地でサクラが満開(4月6日掲載)

[画像]写真:田端神社のサクラ(57.2KB)

6日、温かな春の日差しに恵まれ、区内各地でサクラが満開になりました。善福寺川緑地は多くの人が訪れ、名残の花を楽しんでいました。また、荻窪1丁目の田端神社でも参道がサクラが見事な花を見せていました。

小笠原通信7:6日目(3月31日)の様子(4月5日掲載)

[画像]写真:代表の生徒が挨拶をする様子(24.9KB)

3月31日、派遣生29名が元気に竹芝桟橋へ帰って来ました。名残惜しさも残る中、充実した時間を過ごすことができたことをお迎えに来てくださった方々に報告し、全員無事に帰路につくことができました。

小笠原通信6:5日目(3月30日)の様子(4月5日掲載)

[画像]写真:砂浜を掃除する派遣生(23.0KB)

小笠原での最終日となった3月30日。ビーチクリーニングを行い、どんなゴミの種類が多いのかを確認しました。その後、小笠原ビジターセンターで各自の研究テーマに合わせて調査を行い、貴重な資料を得ることができました。島の方々の温かい送迎をうけ、小笠原の地へ別れを告げました。


[画像]写真:熱心に勉強する派遣生(18.1KB)[画像]写真:船に乗って小笠原を後にする(14.3KB)

このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


総務部広報課報道係
〒166-8570
東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)


[0] 杉並区公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City Suginami . All rights reserved.